画像編集ソフトGIMPを使って半透明化処理なら1分で可能です!

GIMPで半透明化 PCソフトの頁

おかえりなさい @okaerinasainet です。

今回はあの高機能フリーソフトGIMPを使って画像を半透明化する方法をご紹介します!

GIMPを使って半透明化処理

GIMPは超有名な画像編集ソフトですが、その機能が多機能すぎて初心者の私なんかにはなかなか使いこなせずにいます。

それでも少しずつその機能紹介の記事をアップしてきていますが、今回はGIMPを使って手持ちの画像を簡単1分で半透明化します。

砂時計

まず、GIMPを立ち上げてお好きな画像を開きましょう。

手順① 画像を開く(10秒)

クマピーの画像を開く

今回は当サイト人気キャラクターの「クマピー」君を使って画像を半透明化していきます。

手順② レイヤーを指定する(10秒)

メニューの「ウィンドウ」➡「ドッキング可能なダイアログ」➡「レイヤー」と進みます。

レイヤーを指定する

 

 手順③ レイヤー画像の名前を変更・不透明度を指定する(25秒)

レイヤーを編集できるBOX内のファイルネームを必要時変更し、不透明度を指定します。

画像処理ソフトGIMP

手順④ 画像をエクスポート(15秒)

既に半透明化されている様子が透けている事でわかりますね。

最後にメニューの「ファイル」から「名前をつけてエクスポート」を選んで保存します。

半透明化処理

 

保存する画像形式はあとでWebサイトなどの素材として扱う事を考えると、一般的な形式にしておいてください。JPEGやPNGなどです。

元の画像形式.xcfはGIMPで編集可能なファイル形式です。

JPEG画像で保存した場合次のように見えます。半透明に透けて見えますね。

JPEGで保存した場合

 

いかがですか!約60秒の工程で背景を半透明化できましたね!

今回の方法は単純に画像を半透明化する方法のご紹介です。

このレイヤーという機能を使えば、下になるレイヤー画像の上にキャラクター画像(上になるレイヤー画像)などを透かして重ねて合成する方法なども可能です!

背景をすべて透明化したい場合は、次の方法をお使いください!

[blogcard url=”https://accesstrigger.okaerinasainet.net/?p=2272″]

以上、「画像処理ソフトGIMPを使って半透明化処理なら1分で可能です!」のご紹介でした!

コメント

トップへ戻る