アフィリエイト用テーマ「BRIDGE」を使ってみました!感想 レビュー

ネット活用術の頁


アフィリエイトに特化したテーマを採用しました。

WordPressテーマ「BRIDGE(TCD049)」

アフィリエイトの時代が来た

ただの雑記ブロガーだった私が最近になって目覚めたもの・・・。

それはアフィリエイト。

アフィリエイトとは例えばインターネットを見ていてある広告が表示されたとしよう。

その広告をクリックしてその先の商品なりサービスなりを購入したことで、その広告を掲載していたブログなりサイトなりの管理者に報酬が支払われる仕組みのことである。

アフリエイトの報酬のことを紹介料と呼んだりもするのでそう考えていただくとわかりやすいと思います。

昔ニュースZEROを見ていた時、そう10年くらい前だっけ?

よく覚えていないがこのようなことをキャスターが述べていたのが衝撃的過ぎたのです。

時代は変わります。

物が売れる仕組みが変わります。

インターネットで物を紹介する時代になるでしょう。

個人がSNSなどでいいね!をしてそれを見たユーザーが物を購入するという時代が来ます。

このようなことを言っていました。

ふーんそうか。

いやなんだそれ?といたよくわからない漢字の衝撃でしたが、そのキャスターの力説に衝撃を覚えたのです。

そんな大予言をしてもいいのか?

という衝撃です!突っ込みみたいな心境でもありました。

だってたかがSNSでこれ買ったよウッヒョーイ!!いうて物が売れるかって疑いの気持ちを隠せませんでした!

しかしですよ。

いまやSNS経由で物を紹介して物がバカ売れするなんて話は芸能人関連だと五万とあるしで、そんな時代が本当に到来したではありませんか!

目の付け所が素晴らしいですね。というかニュースですからね。

でもこれくら衝撃を覚えたニュースは久しぶりでしたよ。

ニュースって予言をするものでしたっけ?

さて話をもとに戻しますが、今やそのSNSとかなんとかではなくブログなりで商品を紹介して紹介料が入るって仕組みがアフィリエイトという名前で定着しているのです。

サラリーマンの副業であったり、中には本業でン1000万円稼ぐスーパーアフィリエイターもいるのですから。

だから個人が物を紹介して誰かが商品を買うってスタイルはこの世の中にものすごーく浸透しているってこと。

でもなかにはそんなことあんまり考えずにどっかの会社のホームページでも見ている感じで個人のブログとかから物を(ASP経由)買っていたりするってわけ。

インターネットの発達でそれくらいブログとかが自由に書けたりする時代が来たんですから、アフィリエイトって結構やろうと思えば誰でもできるんですよ。

別に会社とか立ち上げなくったっておこずかい稼ぎ程度の気持ちなら割と簡単にできてしまうかもしれないってわけで。

そんででもパソコンだけ使えたってインターネットができるだけじゃアフィリエイトはできないんですが、でもWordPressやはてなブログとかしている人なら割と今すぐできちゃいますからね。

私はWordPress使いの方でして、からテーマとか紹介しちゃいます!

テーマとはWordPressに適応できる着せ替え機能みたいなもんですが、端折っちゃうとアフィリエイトに特化したテーマがWordPressテーマ「BRIDGE」だったりするわけですよ。

WordPressテーマ「BRIDGE(TCD049)」

TCD社製テーマ「BRIDGE」を購入するにあたって

この「BRIDGE」というテーマはTCDという会社が手掛けているんですが、TCDといえばWordPressのテーマを国内で販売している中でもトップクラスの販売力を持っています。

だから間違いのないテーマってことですね。

そしてそのすごい会社がアフィリエイトに特化したテーマを販売したんですよ。

そうはいっても2018年3月現在でもうテーマがパートNo.54位まで作っているので「BRIDGE」というテーマがNo.49なのでまったくの新商品(テーマ)ではないのですが、それでもアフィリエイト特化型テーマって結構国産テーマでは少ないのでまだまだ新しいで通るかと思います。

「BRIDGE」というテーマの̪̺Bridgeとは英語で橋のことですが、人から人への橋渡しの意味。

アフィリエイトにぴったりのネーミングというわけですね。

ところで私がなぜこのテーマを選んだかというと、これまでブログ歴こそ3年の経験があり、まあブログの書き方こそは慣れてきたもののアフィリエイトの知識は皆無だったんですね。

だからこの数か月アフィリエイトの勉強をしようと頑張ってきたのですが、やっと報酬の道筋が見えてきたもののそれでも本業でやっている方と比べたら微々たるもの。

ならばテーマという形だけでもTCDさんが本格的に作ってくれたテーマの力を借りたいなと思い購入しました。

19800円ドーン!!!

高過ぎるやろい!!

最近TCDさんのテーマが高騰しているのも(もともと安くはないのですが)やっぱり力をつけてきている証拠!

それだけ実績もあるんだと思います。

またTCDテーマはサイト単位の購入ではなく、一応個人で購入したものを何サイトでも適応できるので、1テーマ1サイトの制限のあるライバルサイトDigiPress社テーマと比べるとある意味お得なのかもしれません。

なおアフィリエイトに特化しているテーマはまだまだ希少なので。

この際に購入するのもお勧めです。

実際に使用してみると、以前にTCD社制テーマで導入実績のあるORIONよりはかなり使い勝手が向上していました。

WordPressテーマ「ORION (TCD037)」

テーマORIONはヒーローヘッダーなどのコンテンツ作成機能が新鮮でしたが、さすが毎月新テーマをリリースしているTCD社。

もはやその機能が格段に進化しているように思いました。

特にランキング機能がこのBRIDGEには搭載されているので、アフィリエイターとしての見せ場が際立ちます。

また固定フッター広告エリアに関してもこのテーマにおける特徴でしょう。

画面下に追従してくる広告機能のことですね。

広告をサイドバーに追従させるだけの機能ならWordPressの場合プラグインなどを使用すれば実現可能なのですが、やはりフッターにぎりぎり邪魔にならないかな~位の面積で表示してくれると特にスマホなどではクリック率が上がったように思いました。

このフッター広告機能はひとつ前にリリースされたテーマOOPS!にも採用された機能ですが、OOPS!はランディングページ機能を最大限に特化させたテーマであり、BRIDGEはアフィリエイトに特化したテーマです。

WordPressテーマ「OOPS!(TCD048)」

この辺りはビジネスに特化したテーマが続いてリリースされたタイミングだということでテーマ買いたい衝動が爆発した時期でした。

そしてこのOOPS!ともかなり悩んだテーマでしたが結局、OOPS!では1カラム専用テーマということでせめてサイドバーは残しておきたいと思い、迷ったあげくこのBRIDGEに決めました。

ブログを書くだけなら1カラム専用テーマでもよかったのですが、アフィリエイトを考えた場合サイドバーはないよりあったほうがいい気がします。

特にランキング機能が活かせるのもこのサイドバーではないかと思うからです。

テーマBRIDGEのメリット・デメリット

テーマBRIDGEのメリット・デメリット

メリット  デメリット
2カラムでサイドバーが左右どちらでも選べる  全体的に1カラムデザインにする機能は非搭載
ランキング機能が商品比較に最適 ランキング機能の必要のない一般ブログには19800円は高額すぎる
デザインは他のTCDテーマに比べてシンプルだが隅々まで無駄なく計算された設計である さすがにビジネスライクなイメージはぬぐえない かわいらしさや女性らしさを求めるなら不向きか?

感想を交えてメリット・デメリットは簡単に並べてみましたが、同じTCD社製テーマの進化はひしひしと感じております。

特に業種に絞ったテーマをリリースされてきているので、まさにピンポイントで分かりやすい選択肢だと思いました。

ランキング機能を備えたテーマは作成するだけで業者に頼めば非常に高額な予算が必要になるといわれる物だけにこの「BRIDGE」に備わった機能は高すぎないのかもしれませんね。

WordPressテーマ「BRIDGE(TCD049)」

コメント

トップへ戻る